トップページ サイトマップ Q&A お問い合せ キャンパスネットワーク English 放送大学ホームページ
放送大学附属図書館
資料を探す図書館を使うギャラリー概要
ちりめん本コレクション
ちりめん本とは?
国際色ゆたかな日本昔噺集
暦・カレンダー
「平紙本と仕掛本」
小泉八雲とちりめん本
ちりめん本のできるまで
日本残像
西洋の日本観
文字の歴史と印刷文化
デジタル貴重資料室
 
ちりめん本コレクション
平紙本と仕掛本
 
ちりめん本と平紙本

本学附属図書館では、ちりめん本、平紙本、茶表紙平紙本の三種類の版を所蔵しています。ちりめん本と平紙本の主な違いは縮緬加工の有無ですが、茶表紙平紙本は、表紙及び内部ともに墨一色刷りとなります。表紙は茶色の和紙に活版刷の簡単な題箋が貼付されているのみで、主に国内で外国語の教科書として使われていたようです。

ここでは「舌切雀」の例で各版の違いをご覧ください。

 
カレンダー 茶表紙平紙本独語版 平紙本独語版 表紙 英語後期版 表紙
     
茶表紙平紙本独語版 英語後期版 平紙本英語版
 
ちりめん本と平紙本

本学附属図書館では三種類の仕掛本を所蔵しています。それは「八ツ山羊」「野千の手柄」「羅生門」の三冊の平紙本で、仕掛は夫々一ヶ所ないし二ヶ所施されています。仕掛といっても簡単なもので、貼り付けた紙をめくると中から別の絵柄が出てきたり、折り込まれた紙を開くと絵柄が広がるといった程度のものでした。仕掛はちりめん本には向かず平紙本のみに施されました。

ご覧のように大変興味深い仕上がりとなっています。

 
八ツ山羊 その1
     
八ツ山羊 その2
     
野干の手柄
     
羅生門
 
このページのトップへ