トップページ サイトマップ Q&A お問い合せ キャンパスネットワーク English 放送大学ホームページ
放送大学附属図書館
資料を探す図書館を使うギャラリー概要
ちりめん本コレクション
ちりめん本とは?
国際色ゆたかな日本昔噺集
暦・カレンダー
「平紙本と仕掛本」
小泉八雲とちりめん本
ちりめん本のできるまで
日本残像
西洋の日本観
文字の歴史と印刷文化
デジタル貴重資料室
 
ちりめん本コレクション
トップページギャラリーちりめん本コレクション > ちりめん本のできるまで
ちりめん本のできるまで
 
ちりめん本のできるまで

本学附属図書館では児童文学の研究者や、経師、古書店などの協力を得て、当時の風合に近いちりめん紙を復元しました。

ここではちりめん紙ができるまでを簡単に紹介します。

  1. 伊予柾紙に礬砂(ドウサ)引きを施し、本紙寸法に断ち切る。
  2. 木版摺りをする。
  3. 湿らせた本紙四丁を型紙の上に縦置きし、その上から型紙をかぶせる。
  4. 3の作業を五回から十回程繰り返し、重ねた層のまま棒に巻き込む。
  5. 巻き込んだ型紙を裂で包み、脚で踏み込んでロールを締める。
  6. 揉み台に5で仕上げたロールを挟み込み、体重を掛けて圧縮する。
  7. 6で仕上がったロールを開き、型紙の間から本紙を取り出す。
  8. 3の工程に戻り、本紙を横置きにして重ね、6までの工程を行う。
  9. 3の工程に戻り、本紙を斜め置きして重ね、6までの工程を行う。
  10. 縦、横、斜めの縮緬皺を確認し、十分乾燥させる。
  11. 丁合いをとり、糸綴じする。
  12. 必要に応じて丸包丁にて化粧裁ちをする。
 
このページのトップへ