職人  飛脚

飛脚

 飛脚は江戸期に発達し、手紙だけでなく荷物の運搬も請け負ったが、寛 文11年(1671年)には金銭の運搬も請け負った。飛脚には幕府御用の継飛脚、諸 藩専用の大名飛脚、民間の町飛脚がありそれぞれ諸国を駆け巡っていた。この写真の竹の先に手紙を挟んでいるのは早飛脚。ベアトとスティルフリードのアルバ ムにそれぞれ納められている。明治初年の撮影。
着色
28 × 21cm

[次 の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。