25. クラセ 『日本教会誌』 英訳・1705-7年

日本教会誌 CRASSET, Jean.    The History of the church of Japan written originally in French by Monsieur l'Abbe de T. and now translated into English by N.N.    London, s.n., 1705-7.    4to, two volumes.    Pagès 351; Cordier BJ 400; Laures 564.

 ジャン・クラセ(1618-1692)はフランスのイエズス会士。1624年までの歴史を叙述しているフランソワ・ソリエ著『日本教会史』(1627年)に依拠しながら、ザヴィエルの書簡や宣教師の日本報告、さらにモンタヌスやカロンなどオランダの資料などをも用いています。フランス語原著は1699年、パリで刊行。この英訳の他、イタリア語訳(1737年)、ドイツ語訳(1738年)、スペイン語訳(1755年)があり、ことさら新しい情報が加わってはいないものの、日本におけるキリスト教布教が灰塵に帰するまでの歴史を丹念に描いた文献として定評があります。


放送大学附属図書館
西洋の日本観