トップページ サイトマップ Q&A お問い合せ キャンパスネットワーク English 放送大学ホームページ
放送大学附属図書館
資料を探す図書館を使うギャラリー概要
サービス申込一覧
開館カレンダー
施設案内
利用方法
図書館の利用について
貸出と返却
資料の探し方
図書館のサービス
卒業生・一般の方へ
学習センターについて
 
利用方法
トップページ > 図書館を使う > 利用方法 > 資料の探し方
資料の探し方
 
本学の蔵書は、 蔵書検索(OPAC)システムによりコンピュータ端末からその所在を探すことができます。端末は、1階情報検索室内のほか、各階にありますので、自由にご利用ください。
なお、ご自宅等のパソコンからでもインターネットを通じて検索することができます。
検索できる資料は、本部図書館蔵書のほか、学習センター、サテライトスペース、教員研究室の蔵書です。
また、本学に所蔵していない場合は、国立情報学研究所の全国総合目録データベース(NACSIS Webcat)の横断検索ができます。
 
資料の種類と配置
 
資料の種類と配置は、つぎのとおりです。貴重図書等特定のものを除いて自由に閲覧できます。CD-ROMや保存庫に配置してある資料は、カウンターに請求してください。
 
図書
辞典、百科事典、目録類などの参考図書 と放送大学テキスト(印刷教材と呼びます)は1階に、一般図書は2階に、貴重図書は1階貴重図書室に配置しています。図書は日本十進分類法 (NDC)により同じテーマ・形式のものが集まるように分類され、書架上では、分類番号が同じものは著者記号順(著者が複数のもの、編者のみのものなどは書名順)に、また、全集・シリーズなどは分冊番号順に並べられています。

これらの記号・番号(請求記号)は、次のような数字と英字の組み合わせで、図書の背表紙に貼付したラベルに記載されています。

( 例 )  漱石全集 第7巻
918.6
 
N58
 
 
一段目の数字は、学問分野をコード化した分類番号(日本十進分類法)で、同じ番号あるいは近似の番号のところには同じような内容の図書が集まっています。関連文献を一緒に見つけるのに便利です。二段目は著者記号で、同一分類の中が著者の順番に並ぶようコード化したものです。三段目は分冊番号です。書架上では、このように分類された図書が「左から右へ」「上から下へ」並べられています。
 
雑誌
新着学術雑誌は3階雑誌架に、バックナンバーは2階集密書架に配置しています。配列は、和雑誌は誌名の五十音順、洋雑誌はアルファベット順です。その他、1階談話コーナーには教養・娯楽雑誌があります。バックナンバーは1年間のみ2階集密書架に保存しています。
 
AV資料
本学の放送教材は、昭和60年度に授業が開始されてからのすべてが再視聴用として揃っています。現在授業が行われてないものは、保存庫に収納しています。その他、BBCビデオ・ライブラリーなど市販のビデオやLD、DVDなどもあります。いずれも貸出しをしていませんので、館内で視聴してください。
 
CD-ROM
読売新聞(明治・大正・昭和戦前期)、法律判例文献情報、判例タイムズ(1950-1999)、労働判例( 1967-2001)、世界大百科事典、理科年表などのCD-ROMを備えており、1階情報検索室の専用パソコンで利用できます。 利用の際はカウンターにお申し込みください。
なお、図書や雑誌の附属資料となっているCD-ROMも、カウンターに保管しています。
 
新聞
日刊紙は、1階談話コーナーにあります。バックナンバーの保存は、朝日、読売、毎日、日本経済新聞は縮刷版(2階集密書架)が刊行されるまで、その他の新聞は当月分と前月分のみです。利用の際はカウンターにお申し込みください。
英字新聞には、Japan Times, International Herald Tribune などがあります。
その他、 Guardian Weekly, New York Review of Book, Le MondeSelection Hebdomadaire, 教育新聞、福祉新聞は3階新聞コーナーにあります。
 
白書
最新版およびバックナンバーとも2階集密書架に配置しています。保存庫に配置してあるものはカウンターにお申し込みください。
 
マイクロ資料
官報(明治16年7月〜平成元年)、朝日新聞(明治21年7月〜昭和63年)、特殊コレクションのマイクロ複製などの資料が、1階コピー機横のコーナーに配置してあります。利用の際はカウンターにお申し込みください。
 
地図
1階地図コーナーに、千葉市住宅地図、日本分県地図、世界地図や古地図(複製)、地形図などの各種大型地図を配置しています。
 
電子ジャーナル
図書館のホームページから本学が利用契約している電子ジャーナル等のネット上の情報資源が利用できます。利用条件は情報資源により異なりますので、それぞれのページの説明を参照してください。
 
その他
図書館の資料ではありませんが、修士論文の一部も申し出により閲覧可能なものがあります。詳しくは直接カウンターにお尋ねください。
 
このページのトップへ